慢性前立腺炎の症状が悪化する?そんな時に私が試した対応策とは?

なかなか完治しにくい慢性前立腺炎ですが
症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

今回は前立腺炎の悪化について勉強していきたいと思います!

前立腺炎が悪化する時

一般的に言われているのが疲れがたまったり身体が弱っている時に悪化すると言われており

長時間のデスクワークなど座りっぱなしの状態は良くなく、自動車の運転で長時間同じ姿勢、飲酒、不規則な生活、刺激物の摂取も前立腺炎を悪化させる要因の一つといわれております。

基本的に体を冷やす事は良くないので、夏場のエアコンで冷やしたり冬場は特に気を付けたいところです。

個人個人で悪化する要因が違いますので一概にはいえませんが、私個人では冷え、椅子に座りっぱなしの時は症状が悪化する事が多かったです。

また、これらの事はそもそも前立腺炎の原因である部分でもありますので、疲労やストレスでの抵抗力や免疫力の低下、飲酒や冷え等十分に意識する事が重要となります。

前立腺炎の悪化のまとめ

いかがでしたか。私の場合は特に痛みがないときでも射精すると前立腺炎が悪化する傾向にあり、膀胱等下腹部に不快感が出ました。

その際は特に排尿痛や残尿感等に苦しむ事が多かったですね。

また寒かったりする時や椅子に座りっぱなしの時間が長かったりした時にはやはり下腹部に不快感がでていました!

射精時に不快感が出ている時にはなるべく射精しないようにしていましたし寒い冬なんかの時で冷えによって不快感があった時には腰にカイロを貼ってみると痛みが和らいだりした。

よく言われているのですが慢性前立腺炎に特効薬はないので、地道にそれらの症状にあわせて改善していくのがポイントとなります!また、慢性前立腺炎に苦しんでいる時には常時疲労がたまっている状況で不規則な生活や睡眠時間が短かったりしていました。

現在は規則正しく睡眠時間も多く確保できていて、前立腺炎の症状がない状況となっております。前立腺炎に苦しんでいる方で心当たりのある方はまずは規則正しい生活と質のいい睡眠時間を確保する事をおすすめ致します!

また、直接的な原因でないかもしれませんがタバコを止めたらかなり症状がやわらいだので喫煙されているかたで前立腺炎で苦しんでいるようでしたら、喫煙は万病の元ですのでタバコをやめてみてはいかがでしょうか。